お酒をネット通販で購入。自宅でおいしく作れるカクテルの作り方をご紹介します。

お酒は通販で!カクテルの作り方

グラッパのカクテルについて

■グラッパってなに?

グラッパとはぶどうから作られる蒸留酒のことです。アルコール度数が38~45度とかなり高いのですが、口当たりが良く、ちょうど良い甘さがあります。消化吸収されやすい理想的な食後酒として、グラッパ専用のショットグラスを使い、そのままストレートで飲んだり、エスプレッソに数滴落として味わうのがイタリアでは一般的な習慣のようです。果実を使った蒸留酒という点では、ブランデーと良く似ていますが、長期「熟成」が必要であるブランデーと違い、グラッパは「熟成」の必要がありません。

●バックス・フィズ

グラッパはアルコール度がとても高いので、フルーツジュースなどを同量混ぜてカクテルにして飲むのが一番おすすめです。例えば暑い夏には、ビタミンやクエン酸などがたっぷり入ったパイナップルジュースとの組み合わせが大変おすすめですし、疲労回復や食欲増進の効果が期待できるリンゴジュースを使えば、夏バテ対策にもぴったりです。梅ジュースのとの組み合わせもなかなか面白いので、是非お試しください!

おすすめカクテル

●グラッパティーカクテル

グラッパにアールグレイとシロップ、ソーダを加え、ミントの葉で飾ったティータイムのカクテルです。お昼の時間帯にはなかなかカクテルを飲むことはないと思いますが、のんびりとすごしたい休日など、ティーカクテルを飲みながらDVDを見たり、音楽を聴いたり、お料理を作ってみるのもオシャレで素敵だと思います。紅茶はアールグレイでなくても、ダージリンでもウバでも、ご自宅にあるもので大丈夫ですよ!

●カクテルではありませんが…

グラッパにはシロップのような使い方をする、ホワイトチョコレートグラッパというものがあります。白色でトロッとした液体なので、ミルクで割ったり、コーヒーや紅茶に入れたり、アイスクリームにかけたり、ロックで飲んだりと、さまざまな楽しみ方ができます。

グラッパを使ったカクテルは、実はあまり多くのレシピがなく、おいしい飲み方は自分で見つけ出すしか方法がありません。バーに行ったときに、簡単でおいしいグラッパカクテルの作り方をきいておくと良いでしょう。また、オリジナルでおいしい組み合わせが見つかれば、ネット上でどんどんレシピを公開してみてください。たくさんの人と情報交換しながら考えるのも楽しいです。カクテルの名前には著作権などがないので、オリジナルのレシピを考えたら、好きな名前を付けることができます。さて、あなたはどんな名前をつけるのでしょうか?

カクテルの作り方

こんなカクテルも!

ビールのカクテルはビアカクテル
日本酒もこうすればアルコール度低め!
女性でも飲みやすいカクテルをご紹介